問題なく離婚の手続きを進めるために気をつけたいこととは何か

法律問題はプロにお任せ弁護士が親身に問題解決

相談を行う

離婚相談する相手はどこか。

いざ配偶者との離婚するかどうか迷った時に、どこかに離婚相談しようとするとき、どこに行けばいいのでしょうか。友人や親族にも相談できないことは確かにあります。離婚原因にもよりますが、たいていは協議離婚で話が付きます。決めるべきことは財産分与と親権者の指定や養育費、慰謝料の取り決めぐらいです。財産もなければ、離婚届にサインさえしてもらえれば、これを役場に届け出すれば完了です。離婚相談は司法書士や弁護士、あるいは行政機関の市民相談でも取り扱っています。そして、真剣に離婚相談を考えるのは、相手方が応じてくれない場合です。そうなると、今度は、家庭裁判所を利用して話し合いを進めることになります。ここでは調停委員という人が間に入って、相手の言い分を聞いて、こちらの言い分と調整してくださいます。

離婚に向けての準備をする。

離婚相談でも、相手方にも相当な財産があり、離婚原因となる行為は相手方にある場合、裁判まで持ち込んでいった方が、言いなりにならなくて済むように弁護士を付けて交渉したほうが、有益と考えられます。離婚相談をするうえでも、相手方の資産状況を把握しておくことは重要なことです。相手方としては渡すことを渋ってきますから、夫婦で築いた財産は平等に分割されるようしっかりと交渉してもらう必要があります。それよりもまず重要なことは、裁判において離婚が認められるだけの原因があるかどうかという点です。性格の不一致だけでは難しいでしょう。日ごろから小さなことでも思い出して書きとどめておくことも資料になるため、意義があると思います。