問題なく離婚の手続きを進めるために気をつけたいこととは何か

法律問題はプロにお任せ弁護士が親身に問題解決

債務整理を利用する

費用を立て替えてもらえる制度をご存知ですか

借りていたお金を返済できなくなった場合、しかも、返済計画を見直しても難しい場合は、債務整理をお勧めします。この場合は、消費者生活センターなどに相談することもできますが、一番いいのは、まず弁護士や司法書士に相談することです。 通常債務整理の場合は、任意整理で25万円前後、また、自己破産では30万円前後が相場となっています。また弁護士事務所では、30分で5400円の相談料が設けられていることもあります。しかし、もし無料で相談を行いたい場合は、各都道府県の弁護士会や、法テラスの無料相談を利用するという方法があります。特に法テラスの場合は、収入が一定基準を下回る場合は民事法律扶助といって、弁護士や司法書士の費用を、一時的にではありますが立て替えてもらえます。

お金が無い場合に利用しやすい制度を探そう

なぜ民事法律扶助の制度が設けられているのでしょうか。それは、債務整理というのは、お金が無い場合に行うことが多いからです。特に、手取りの収入が月20万円程度の場合、売却できる車などがない場合は、一度に25万なり30万なりを払うことはかなりの痛手となります。そのため、一時的に費用を肩代わりする制度が出来たわけです。立替分は後で分割返済することになります。 またそれ以外にも、報酬のみで着手金を受け取らない事務所や、プランを複数設けて、手ごろな費用で債務整理を行える事務所も増えています。また、相談料を受け取らない、あるいは初回に限り無料という事務所も増えていますので、ネットで検索するなどして、自分の予算に見合った事務所を見つけるのもお勧めです。