問題なく離婚の手続きを進めるために気をつけたいこととは何か

法律問題はプロにお任せ弁護士が親身に問題解決

計画が大事

不貞の相手方に請求する。

離婚に伴う原因が相手方の不貞行為による場合であれば、配偶者と共にその相手も慰謝料請求することができます。それぞれ別に請求することもできますし、同じ手続きの中で請求することもできます。まずは、証拠がそろえられるかどうかですが、興信所などに頼んで証拠収集することも考えられます。いざ裁判ということになると否認することもあり得ますので、確実な証拠を集めておきたいものです。離婚そのものは相手方の合意がなければ、離婚することはできません。どうしても離婚したいということであれば、裁判離婚を目指して、訴訟を提起することになります。いずれにしても、慰謝料とともに請求するのであれば、弁護士とよく相談するのがよいかもしれません。

新たな一歩を踏み出すために。

子どもの教育のことなどを考えるとすぐに離婚を躊躇するケースもありますが、けれども、そのまま夫婦の不仲を継続したのではかえって子供の養育上悪影響になりかねないという場合には、そのような選択もやむを得ないかもしれません。その場合にはしっかりとした自活できる計画を立てておくことが必要です。女性が子供を引き取って暮らしていく場合には、養育費も必要になりますが、その支払いは実際にはあてにはできませんので、自分自身で働いて稼ぐことが前提になります。慰謝料請求についても分割支払いや高額な支払約束ができていても不履行になることもあり得ますから、なるべく慰謝料も現物支給や一括支払いの範囲で決着をつけておくことが現実的です。