問題なく離婚の手続きを進めるために気をつけたいこととは何か

法律問題はプロにお任せ弁護士が親身に問題解決

相談を行う

離婚を行いたい場合には大体協議離婚で大丈夫です。しかし相手側が離婚に応じない場合には司法書士や弁護士の手を借りて家庭裁判所にて離婚相談を行う必要があります。日頃から参考となる出来事を書き留めておきましょう。

Read More

計画が大事

離婚を行うときに慰謝料を請求したい方も多いでしょう。その時には弁護士としっかり計画を立てるようにしましょう。子どもがいる場合には、子どもの将来のことも考えて計画を立てる必要があります。

Read More

債務整理と離婚

成年後見の手続きは専門家に相談すると良いでしょう。年間で百件以上もの依頼をこなしているので、的確なアドバイスをしてくれます。

自分が今抱えている悩みで離婚が最大の原因だと感じているならカウンセラーに相談してみるといいでしょう。

債務整理の際の離婚の扱い方

債務整理によって借金の返済をしたとしても、それを理由に夫婦関係を終了させることができます。 債務整理は、溜まった負債を返済できなくなったときに利用するものであるため夫婦関係を終了させる理由になります。 しかし、債務整理を理由として離婚相談をするときには気をつけなくてはいけません。 それは、離婚によって慰謝料を請求することができないことです。 債務整理を利用するということは、片方の配偶者に金銭的な余裕が存在しないことを意味します。 離婚相談の理由としては利用できますが、それを理由に養育費や慰謝料などを請求できると期待しないほうが良いです。 慰謝料などの要因に利用する宇野ではなく単純に夫婦間の関係を終了させる要因として利用することが大切なのです。

財産がないことを前提に離婚する

債務整理で離婚相談をするときには、財産がないことを前提に話し合いを進めなくてはいけません。 そのため、実際に離婚相談をするときにはきちんとした生活費を確保できる状態ですることが大切なのです。 また、夫婦間の愛情があったとしても離婚をすることによってメリットが生まれることもあります。 債務整理の手続きが開始されると、信用情報に債務整理をしたという事実が記載されることになるのです。 この事実は、実際に手続きをした当事者が記載されることになるため、夫婦関係を終了させておけば片方の者にしか適用されません。 つまり、もう片方の信用情報は傷つかないのです。 そのため、債務整理によって生まれるデメリットを解消するために離婚相談をすることも大事だと言えます。

プロがしっかりとサポートしてくれるので安心です。福岡で起業の相談をするなら、親身になってくれるところを選ぶようにしましょう。

解決実績が豊富な専門家に依頼すれば安心できますよ。京都で過払い問題や遺品整理に対応しているのがこちら。

オススメリンク

  • 平松剛法律事務所

    不安があるならすぐに相談しましょう!B型肝炎は弁護士に依頼することで、悩みを解消できます。しっかり給付金を受け取ることができますよ。

プロに任せる

個人で離婚の問題に立ち向かうのはとても大変なことです。その時は弁護士に相談すると良いでしょう。法律の専門家である弁護士の力を借りることで、一人で行うよりもスムーズに事を進めることができます。

Read More

交通事故の後遺障害

毎年交通事故によって被害を受けている方たちがいます。その事故によって後遺障害が出来てしまう方もいます。医療の発達によって後遺障害もある程度治るようになったものの、原因となる交通事故の数を減らす事が大事です。

Read More

債務整理を利用する

借金を返済出来なくなってしまった場合、債務整理を行うという方法があります。債務整理を行う際には、弁護士や司法書士に相談を行う事で債務整理の相談を行う事が可能です。無料で相談を行う方法も存在します。

Read More